posted by admin on 5月 9

コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングを一度でも関わってみたマーケティング担当者であれば、両方の意味が同じか、それとも他の違いがあるのか​​、疑問に思ったでしょう。


コンテンツマーケティングは、顧客との関連性、楽しいコンテンツを直接作成して、共有し、これらのコンテンツを公開することができるコンテンツのハブを開発、コンテンツに対する顧客の参加(いいね、コメント、共有などのソーシャルシグナルなど)と特定のアクション(イベントへの参加、あるいは会員登録やニュースレターの受信などの)などのマーケティング戦略を指します。


コンテンツマーケティングは、主に、顧客の購入サイクルの段階にわたって強力なブランドストーリーと魅力的なコンテンツを開発して提供することに焦点を置いていますが、一方で、インバウンドマーケティングは、コンテンツの利用自体より集客するための特定の戦略の意味をより深く内包しています。もちろんここでも、コンテンツは重要な役割を担っています。


コンテンツマーケティング


定義:ターゲット顧客への関連性と魅力的なコンテンツをすべて購入サイクルの段階にわたって継続的に提供することでブランドの認知度(Brand Awarnes)の向上と共に忠実な顧客を確保することにするブランドエヴァンゼリーズム(Brand Evangelism)を構築し、実現します。


チャンネル:一言で「Channel Agnostic」、コンテンツマーケティングは、顧客への参加を促すことができているすべてのチャンネルを活用することができます。メールと1:1ダイレクトマーケティングからオンライン(モバイルを含む)に至る私たちの周りのすべてのチャンネルがこれに該当します。
重要な戦略及び戦術:戦略的な計画、コンテンツ制作、チャンネルミックス、そして様々なペルソナを持っている顧客のすべての購入サイクルの段階に応じたそれぞれの指標。


コンバージェンス(withインバウンドマーケティング):コンテンツマーケティング戦略は、インバウンドマーケティングの原則と統合して初めて完成されます。しかし、ビジネスの全体的なマーケティング目標を達成するために、さらに包括的にアプローチする必要があります。

本記事はこちらを参照しました。

Leave a Reply

Categories


Business Orange Wordpress theme by
E-Themes