posted by admin on 5月 10

インバウンドマーケティング


定義:通常の検索が要因で、ビジネスが潜在的な顧客に発見された場合これらのリードと顧客の確保、高いコンバージョン率を達成するために、これらの一連の過程を分析することになるマーケティング方式です。


チャンネル:オンラインに特化したマーケティング。業界や製品カテゴリなどに関連して潜在的な顧客が検索エンジンやブログスフィアは、ソーシャルメディアを介して自然に訪問をすることになる「ハブ」のウェブサイトを構築する必要がある。


重要な戦略及び戦術:SEO、ブログ、ソーシャルメディア、リード生成、電子メールマーケティング、リード開発(lead nurturing)、および分析


コンバージェンス(withコンテンツマーケティング):コンテンツは、受信マーケティングの大部分として、インバウンドマーケティングは、コンテンツマーケティングなしに進めることができません。一方、伝統的なアウトバウンドマーケティングは、単一のパーツとしてコンテンツマーケティングを含むが、必ず必要な要素ではありません。


上記の整理を介して分かるように、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングは、他の視点を持つが目標は強制的にすることなく、顧客を呼び込むという点で同じです。ただ、違う点は、コンテンツの重要性の違いです。インバウンドマーケティングのコンテンツはもちろん、重要ですが、実際に一つの戦術程度考慮されるレベルです。


コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの両方が、今日の消費者中心の世界では非常に重要なマーケティング戦略であり、重要な目標として信頼性の高いコンテンツを開発することを勧めています。また、オンラインでの潜在的な顧客に発見されて、強力な戦略によってサポートされることもあります。


もし良いコンテンツを提供していない場合は、インバウンドマーケティングは失敗することになるでしょう。さらにコールtoアクション(Call to Action)とランディングページに心血をひっくり返すあっても、専門性、魅力的なコンテンツがない場合は、ホームページに訪問したターゲット顧客を逃すことになります。


コンテンツマーケティングは、細分化された顧客のための多様なコンテンツの開発を必要とします。そして、最も適切な方法で、このコンテンツを拡散する必要があります。セールスが唯一の目的であっても、常にリードを獲得することができているのはありません。コンテンツマーケティングは関係の構築のためのマーケティングです。


事実、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの定義について移したり、間違った方法ではありません。マーケティング担当者各自が置かれた状況から眺める概念が正解であることがあります。何をしていても、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングは、マーケティングの現在と未来がなければならない重要な原則です。


すでに多くのマーケティング担当者は、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティング両方を適切に統合して進めています。コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングをそれぞれ深く掘り下げて見て、そしてこれらは、マーケティングにどのようもしくはどのような影響を与えると考えてみてください。もう伝統的な方法のマーケティングを再評価してみ変化をしなければならない時点です。

本記事はマーケティングを参照しました。

Leave a Reply

Categories


Business Orange Wordpress theme by
E-Themes