posted by admin on 5月 26

“marketing”


gamificationマーケティング。ゲーム要素をマーケティングに取り入れている


ゲイミッフィーケーション(gamification、ゲーム化)マーケティングは、ゲームのこれらの動機の要素と中毒要素を商品やサービスに適用して、消費を促進することを意味します。緩め説明すると、商品やサービスの演劇と課題、成果と賞のようなゲームの要素を加味して、消費者が自発的に商品やサービスを利用するようにして、消費行動を一種のゲームのプレイヤー間の競争で置換して、継続的な消費が起きるように誘導することを意味します。


ゲーム要素をマーケティングに取り入れているのが売上高の増加に役立つ見たら、多くのオンラインサイトがゲイミッフィーケーションマーケティングをしようとしています。そのサイトは、出席チェック、文章作成することができ、購入実績などのサイトの訪問者の活動の程度に応じ点数を獲得しています。そして蓄積されたスコアに基づいて、利用者の活動順位を付けてサイトに公開します。最近のようなモバイル時代にはゲイミッフィーケーション専用アプリケーションを作ることもあります。


リサーチ機関ガートナーによると、2014年までに、フォーブスが選定したグローバル企業2000社のうち、70%以上がゲイミッフィーケーションアプリケーションを導入するだろうとの見通しになるほどゲイミッフィーケーションは今流行となっています。


ゲイミッフィーケーション、オフラインでも可能である
ゲームとデジタル機器やオンライン環境を頭に浮かぶ。それだけにゲイミッフィーケーションマーケティングをするには、ゲームに関連するIT技術を活用することができなければならないと思います。
しかし、ゲームはオフラインベースとアナログ方式でも実装することができます。


学校の遠足で抜けなかった宝探しを思い出してみてください。宝探し円明らかに遊びの楽しさと課題、そして競争と賞があります。人気芸能プログラム「ランニングマン」も同様です。それだけに、オフラインで行われるマーケティング活動もゲーム化が可能です。

マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。

Leave a Reply

Categories


Business Orange Wordpress theme by
E-Themes