Archive for 11月, 2017

posted by admin on 11月 17

マーケティングの分析法はたくさんありますが、その中には「軽量時系列分析」というのがあります。軽量時系列分析は聞き慣れない方も多いでしょう。どのような分析法なのかご紹介していきます。
○軽量時系列分析
株価やECサイトの売上げを時系列で表せるデータには、何かしら内部的構造があると言えるでしょう。
軽量時系列分析ではそれらの変数間の動学的関係を明らかにする事で、ビジネスシーンで理論や仮説お検証する事ができるのです。
厳密に言えば時系列で変動するデータの流れを解析していき、マーケティングを展開していくという事です。
顧客や競合、自社との関係性から、現状の課題や問題点を抽出する事によって、マーケティング戦略や戦術の妥当性を検証する事ができ、新しいアイディアを発案する時に役立ちます。
○分析する前に行っておくこと
マーケティングで分析する前には、自社で持っている顧客リストをいったん整理しておくといいでしょう。
特にマーケティングツールを使って行う分析では、適した顧客に対して最適なアプローチができるような機能が強みの一つです。
しかしリストばかり増やしていると、肝心の成約率の高いリードがどの層なのかわからなくなってしまうでしょう。
そのため、どのような見込み客をリードしてリスト化するべきなのかを定期的に見直していく必要があります。
優れたツールがあっても、リストのボリュームがあればある程時間がかかってしまうので、いかに重点的に分析してアプローチに結びつけるのかも、マーケターの力量によるところです。デジタルマーケティング分析とは?

posted by admin on 11月 10

検索エンジン最適化にはメリットがたくさんありますが、行う上では注意点も心がけておかなければなりません。
これから検索エンジン最適化をやろうと考えている方は、是非ご参考にしてみてください。
○検索エンジン最適化で期待できる効果とは
・販促効果が高い
・費用対効果が大きい
・見こみ客からの収益効果を促進させる
・知名度を向上させる
・企業の信頼を高めてくれる→ブランディング効果
・検索エンジン最適化はサイトのアクセスを上げるための
圧倒的な集客効果を可能にしてくれる
○検索エンジン最適化の注意点とは
検索エンジン最適化を行う上では、ルールに反した過剰な対策を行ってしまうと、ペナルティが科せられる事になってしまいます。
キーワードによっては相応の予算を確保する必要があります。
ビッグキーワードで対策を行った場合には、上位表示の難易度も高まってしまいます。
検索エンジン最適化は短時間で効果がすぐ発揮するものではなく、長期的な対策が必要となります。
検索エンジンのアルゴリズムが変更された場合、順位変動にも差が出てきてしまいます。
相互のリンク先のサイトのクオリティにも影響してきてしまうため、検討する時は注意が必要です。http://www.listeningmind.com/seoチェック/

posted by admin on 11月 1

今注目されているオウンドメディアマーケティングですが、その理由は2つあります。今回はその2点についてご紹介していきます。
○SEOが変化しているから
オウンドメディアマーケティングが注目されている理由の一つには、SEOが変化している事も挙げられます。
検索エンジンが上位表示にする基準はリンクだけに留まらず、コンテンツの内容を大きく左右します。
その結果、ユーザーが高く評価するコンテンツを配信すれば、検索エンジンは自然と上位に上がっていき、アクセス数もアップするようになります。
オウンドメディアにおいて、ユーザーが評価する記事を掲載する事は、ユーザーを囲い込むだけでなく、SEOの効果によってアクセスアップも期待できるようになっています。
そ一つが【コンテンツマーケティング】です。
最近はネット上の情報量が一気に増えていき、ユーザーは様々な情報を入手できますよね。その結果、商品をただアピールするだけではユーザーをつなぎ止める事は難しいです。
商品を前に押し出すことだけでなく、純粋にユーザー視点に立った情報を提供する事によって、リピーターがつき、顧客獲得につながります。
このような役割を持つメディアがオウンドメディアです。字数制限がなく、レイアウトも自由にできる事からも、注目されています。オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報はオウンドメディマーケティングで見るべきポイント?をご覧ください。

You are currently browsing the 得するマーケテイング情報 weblog archives for 11月, 2017.

Categories


Business Orange Wordpress theme by
E-Themes