Posted by admin on 8月 6

皆さんこんにちは。今日はマーケティングの中でも、4P分析と5フォース分析のお話をしていきます。マーケティングを分析していくにあたっては、4P分析と5フォース分析についても知っておくと便利です。
○5フォース分析って?
マーケティングを知っている人でないとなかなか聞き慣れない5フォース分析ですが、こちらは3つの内的要因である
・供給企業の交渉力
・買い手の交渉力
・競争企業間の敵対関係
と、2つの外的要因である
・新規参入業者の脅威
・代替品の脅威
という市場に参入する価値や競争度を分析していきます。
事業を立ち上げるにあたり、市場調査を行う事で活用できる分析法です。
○4P分析
4P分析とは、次の4つから構成される分析法で、基本的なマーケティング戦略を立てたい時にも活用できます。
・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・Promotion(プロモーション)
4P分析によって顧客が求めている価格帯は何かなど、製品の流通経路、最適なプロモーションとは何かなど、情報を整理していきます。マーケティング分析について詳しくはこちら

8月

6

Posted by admin on 7月 30

せっかく根気強くSEO対策していても、その方法が効果的でなければあまり結果に結びつきません。そこで今日は、SEO対策が無駄に終わらないように、成功への方法を2点に絞ってお伝えしていきます。
○TOPページだけSEOするのでは不十分、ページごとにSEO対策を
確かにユーザーの一番目に留まりやすい部分と言えば、サイトのTOPページです。
しかしだからといってTOPページのSEO対策にばかり力を入れていては不十分です。
ページごとのSEO対策が求められます。
各ページのSEO対策を行う事によって、ユーザーのニーズにより近く、具体的なページが作成できます。そのため、結果的にSEO対策として成立するようになるのです。
○効果的なキーワードの選定を
SEO対策において最も重要といっても過言ではないのが「関連キーワードの選定です。
この時、どんな関連キーワードを作り出すかによっても、SEO対策の成功率も変わってきます。キーワードを抽出する時には、以下の点を意識しながらキーワードをピックアップしてみてください。
・そのキーワードで上位表示させることはできるのか?(競合サイトに勝てるか)
・そのキーワードは実際に検索エンジンで検索されているのか?
・複合キーワードで使えるものはないか?
まずは上記のような視点で関連キーワードを作ってみてください。ちなみにユーザーは単一のキーワードで検索よりも、2つのキーワードなど、複数のキーワードを組み合わせて検索する事の方が多いでしょう。その組み合わせを予想する事も大切です。SEO初心者が確認すべき5つになります。

7月

30

Posted by admin on 7月 23

企業で提供している商品やサービスを宣伝するためにも、最近では「オウンドメディア」が有効活用されています。広告費をかけて外部に宣伝するよりも、webで自社サイトを立ち上げてオウンドメディアとして発信する事で集客していけるのです。オウンドメディアは広告施策と異なっており、極端に言ってしまえばサイトが資産、命のようなものです。
○オウンドメディアだからこそ得られる事
オウンドメディアは何に費用をかけるのかといった選択肢があり、そのコストの大半が広告費用となります。長時間運用したとしてもストックするものではなく、集客のためには広告費を払い続ける事になります。その一方で、オウンドメディアは自社で運営するメディアのため、自分たちだけで運用できればコスト削減にもつながるでしょう。
さらに、何にコストをかけるのかといった選択肢も持てるので、ストックするためにも費用がかけられます。運用法次第では費用を抑えられますが、ソーシャルメディアを利用している場合、得られる効果を予想する事や、意図と異なって好意的ではない情報によって影響を受けてしまう恐れがあります。オウンドメディア事例をご紹介

7月

23

Posted by admin on 7月 17

マーケティングツールはSEO対策やリスティング、アクセス解禁など、webマーケティングにおいて使いやすいツールです。マーケティングツールの中にはいくつかあります。無料で使えるものもあるので、知っておくと便利でしょう。webサイトのページをツリーリストという形でエクセルファイルの出力もできます。こちらの強力な機能は、SEO対策でも大いに活用できるでしょう。
○クリックテール
クリックテール社は、イスラエルにある顧客経験分析の分野におけるリーディングカンパニーです。こちらの製品はヒートマップやマウス録画、コンバージョンファネルなど各機能を揃えていて、詳細なアクセス解禁していけます。
○Yahooアクセス解析
webサイトだけに関わらず、スマートフォンやソーシャルメディアにも対応していて、ヤフーが提供する無料の解禁ツールです。基本的なアクセス解禁は、グーグルの分析では不十分ですが、独自のメリットでもあります。例えば会社や訪問者のネットリテラシーも解析できます。グーグルアナリティクスと合わせて使う事で、もっと複雑な分析ができるでしょう。アクセス解析ツール/もオススメです。

7月

17

Posted by admin on 7月 10

みなさまこんにちは。最近オウンドメディアということばをききますが、なんかしっくりきません。
オウンドメディアってワードとして聞き取りにくくないですか?
最近ではオウンドメディアマーケティングとかツールも増えてますが、もっとかっこいい言い方ないんですかね。ちょっと考えていきます。オウンドメディアは自社サイトマーケティングということですよね。日本語ダサいけどまだこっちの方がしっくりきます。そこで思うのはダサいのはオウンドだと思います。オウンドは日本人にとって聴き慣れていませんここの改善が必要な気がします。マイメディアマーケティングはどうですか?調べて見たけどニーズなさそう。うーん難しい。そもそもコンテンツもオウンドメディアもアメリカから持ってきたキーワードです。日本に輸入するには正直何とも言えんません。考えていく必要がありますね。もっとしっくりくる言葉を。オウンドメディア

7月

10

Posted by admin on 7月 3

オウンドメディアマーケティングモデルの重要な部分にはプラットフォームがあります。
オウンドメディアマーケティングの行動フローは基本的にツールなどのぷらっとフォームを使ったほうがいいです。
なぜなら、オウンドメディアの肝はコンテンツの多様さと分析するメディアの豊富さです。これらを人出で整理することは時間の無駄で、それならコンテンツを作り続けていたほうがいいでしょう。そう行った理由からプラットフォームを活用すべきです。
最近ではオウンドメディア分析でデータマイニングのようなレアなキーワードで検索する人も多いようですね。どこに需要があるのかは非常に難しいですが、色々試してそれをプラットフォームで分析が一番良いと思います。
オウンドメディアマーケティングはオウンドメディアを中心に自社の商品・サービスを販売すSNSのページやブログなど広範囲に渡ります。要は自分で運営しているものであればドメインは関係ないのです。笑しかし、だからと言って何でもかんでもオウンドメディあとしたらどうしようもないので自分で重要なオウンドメディアを選定して使っていきましょう。オウンドメディアマーケティングってなに

7月

3

Posted by admin on 6月 28

“word”

経済用語の中には、「マーケティングツール」というものがあります。一度は耳にした事のある人もいるでしょう。マーケティングと一口にいっても様々な切り口が存在していて、マーケティングは分析手法を活用して行っています。


自社の周囲の環境理解から分析する
マーケティングを始める時には、まず自社の周りの環境を理解するところから始めましょう。マーケティング業務だからといって、いきなり戦略から入るわけではありません。
順序良くマーケティングのステップを踏む事が肝心です。マーケティングは事前に分析をしっかり行い、その分析をもとに良い戦略をたてていくものです。


マーケティングツールの中の「STP分析」とは
STP分析においては、環境分析で得られた情報をもとに顧客の絞り込みを行っていきましょう。次の3つの頭文字をとり、「STP分析」と呼ばれています。
・セグメンテーション(分割)
・ターゲティング(特定)
・ポジショニング(位置づけ)
市場の顧客をターゲットにするのではなく、これら3つの切り口からターゲットを絞りこんでいき、自社に有利な顧客を見つけていくのが一連の流れです。

本記事はマーケティングツールを参照しました。

6月

28

Posted by admin on 6月 21

“analytics”

自社サイトを上位にあげるにはSEO対策が欠かせません。現在ではコンテンツとリンクを両方対策しない限り、順位上昇は難しいでしょう。以前まではリンク対策さえしていれば順位も上がっていましたが、検索順位を決めるグーグル検索エンジンの仕様は変更されてきたのです。グーグルアルゴリズムが変更された事によって、上位に上がりやすいサイトも変わり、良いリンクとコンテンツは不可欠になってきました。


○グーグルアルゴリズムに合わせたSEO対策が必要

今後もグーグルの使い方は大きく変わってくるでしょう。利用者がさらに求めているものを表示するためにも、検索エンジンの仕様(グーグルアルゴリズム)は変わってくるはずです。SEO対策するためには、グーグルアルゴリズムを常に把握していき、SEO対策しながらホームページを最適化していきます。


○初心者ができるSEO対策とは


初心者はSEOとしてまずどこから手をつけていいのかわからないという方も多いでしょう。まずは以下の例に従ってみましょう。


SEO対策レポートを参考に、必要なテクニックを駆使してSEO対策を進める
・テクニックサイトを使う
・ツールサイトを使う
トータル的にSEO分析していき、ホームページのSEO状況を把握しながらSEO対策を進めていく


情報サイトを活用する
SEOやグーグルアルゴリズムの最新情報を分析していき、必要なSEO対策を進めていく

SEO対策

6月

21

Posted by admin on 6月 15

“analytics”

最近よく「オウンドメディア」という言葉を耳にしますが、どうしてこんなにもオウンドメディアが流行っているのか気になりませんか。オウンドメディアが注目されるにもちゃんとわけがあったのです。

アクセスアップが期待できるから オウンドメディアが注目されるのは、SEOが変化してきているからだとも言えます。検索エンジンが上位表示する基準はリンクだけではなく、コンテンツ内容も関わっています。早い話が、ユーザーが高く評価してくれるコンテンツを掲載すれば検索エンジンも自然と増えていき、アクセス数も伸びていくのです。オウンドメディアで利用者が評価する記事を掲載するには、ユーザー確保だけでなく、SEOの効果によってアクセスアップが期待できるでしょう。

時数制限もなくレイアウトが自由だから 現在はネット上の情報も増えていき、ユーザーは様々な情報を入手する事ができてきています。商品をアピールするだけでは利用者をつなぎとめておく事はできません。商品とは分けて考え、純粋にユーザー視点に立った情報を与える事により、新規ユーザー開拓する事ができるのです。このような役割をもつメディアのニーズが高いです。この役割を担ってくれるのが、時数制限がなくレイアウトも自由な「オウンドメディア」というわけです。

オウンドメディアとは

6月

15

Posted by admin on 6月 8

“market”

2016年にはgoogleの収入の96%がSEM広告から来ているそうです。これからはっきりしていることは、マーケターはGoogle adwordsを使いすぎているということです。 しかし、マーケターたちはGoogle adwordsでしっかりとリターンを得ているのか、リターンの設定を行っているのでしょうか。 みなさまのSEM広告効果を効果的にするためノウハウを今回はご紹介します。

そこで今回、一番言いたいことはSEM広告独立ではさほど意味はない、ということです。SEM広告はマーケティングでは非常に有効です。何故なら、お金を払うだけで顧客が商品を買ってくれるチャンスを得られるからです。 しかしそれよりも、自身の力でオーガニックでの順位のも高くすることで高いブランド力を得ることができます。 たとえば、マーケティングオートメーションと検索した際に自分のサイトのSEM広告とオーガニックでの自分のサイトがあると、その業界で非常にブランド力があると認識してもらうことができます。 SEM広告をする際は、自然検索にも注力して行いましょう

http://www.listeningmind.com/デジタルチャネルの分析/

6月

8

Categories


Business Orange Wordpress theme by
E-Themes