Posted by admin on 6月 2

“word”
みなさまが活用すべきSNSとその特徴をまとめたいと思います。
基本的にみなさん知っているものばかりだと思いますが、よかったらこのままどうぞ。
1. Facebook
今世界で最も利用者の多いのがFacebookです。世界で10億人以上が利用しているそうです。
最近では企業や著名人がFacebookページを開設しています。SNSを活用しようとしている人はまずはここから始めましょう。
2. Twitter
Twitterは企業というよりも著名人や個人ブロガーなど個別名で利用されることが多いです。これはTwitterが「つぶやき」をコンセプトにしていることから商品ページなどは適切でないからでしょう。
3. Instgram
インスタグラムは若い世代での利用者が多いそうです。写真を撮ってそれをアップロードするのが特徴なため、
アパレルなどの視覚的なものが重要な業界ではよく活用されています。視覚的なところが重要でない場合には特に活用する必要はないと思います。
以上ですが、SNSを活用していない人はまずこの3つのどれかから始めるべきでしょう。
それぞれに特徴を確かめてからやってみましょう。本記事はオウンドメディアを参照しました。

6月

2

Posted by admin on 5月 26

“marketing”


gamificationマーケティング。ゲーム要素をマーケティングに取り入れている


ゲイミッフィーケーション(gamification、ゲーム化)マーケティングは、ゲームのこれらの動機の要素と中毒要素を商品やサービスに適用して、消費を促進することを意味します。緩め説明すると、商品やサービスの演劇と課題、成果と賞のようなゲームの要素を加味して、消費者が自発的に商品やサービスを利用するようにして、消費行動を一種のゲームのプレイヤー間の競争で置換して、継続的な消費が起きるように誘導することを意味します。


ゲーム要素をマーケティングに取り入れているのが売上高の増加に役立つ見たら、多くのオンラインサイトがゲイミッフィーケーションマーケティングをしようとしています。そのサイトは、出席チェック、文章作成することができ、購入実績などのサイトの訪問者の活動の程度に応じ点数を獲得しています。そして蓄積されたスコアに基づいて、利用者の活動順位を付けてサイトに公開します。最近のようなモバイル時代にはゲイミッフィーケーション専用アプリケーションを作ることもあります。


リサーチ機関ガートナーによると、2014年までに、フォーブスが選定したグローバル企業2000社のうち、70%以上がゲイミッフィーケーションアプリケーションを導入するだろうとの見通しになるほどゲイミッフィーケーションは今流行となっています。


ゲイミッフィーケーション、オフラインでも可能である
ゲームとデジタル機器やオンライン環境を頭に浮かぶ。それだけにゲイミッフィーケーションマーケティングをするには、ゲームに関連するIT技術を活用することができなければならないと思います。
しかし、ゲームはオフラインベースとアナログ方式でも実装することができます。


学校の遠足で抜けなかった宝探しを思い出してみてください。宝探し円明らかに遊びの楽しさと課題、そして競争と賞があります。人気芸能プログラム「ランニングマン」も同様です。それだけに、オフラインで行われるマーケティング活動もゲーム化が可能です。

マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。

5月

26

Posted by admin on 5月 19

photo91_zpsfinw55n5.jpg


みなさまこんにちは。最近ブログを書いてみてブロガーってめちゃめちゃすごいなと思っています。
何がすごいかって、SEOの知識です。ブログやってる人って普通は個人でブログやってると思うんですけど、SERP上位に位置してるんですね。上位にあるってことはそれだけSEOの知識もあるってことですよね。
みんな会社ではマーケティングの仕事やってる人なんでしょうね!人気のブログはどんなジャンルでも勉強になることが多いです。


そこで思ったのですが、マーケティングのツールを使っているのかな、と言うことです。
手軽に使えそうなマーケティングツールを紹介していきます。


キーワード出現頻度解析ツール:
キーワードの出現頻度や回数を診断できます。


SEOチェキ!:
内部SEOを診断できます。


メタタグ生成ツール:
メタタグを生成できます。


調べて見るといろんなツールがありました!
どれか必要なものを探して使って見るのがいいかもしれませんね!


マーケティングツールとは

5月

19

Posted by admin on 5月 10

インバウンドマーケティング


定義:通常の検索が要因で、ビジネスが潜在的な顧客に発見された場合これらのリードと顧客の確保、高いコンバージョン率を達成するために、これらの一連の過程を分析することになるマーケティング方式です。


チャンネル:オンラインに特化したマーケティング。業界や製品カテゴリなどに関連して潜在的な顧客が検索エンジンやブログスフィアは、ソーシャルメディアを介して自然に訪問をすることになる「ハブ」のウェブサイトを構築する必要がある。


重要な戦略及び戦術:SEO、ブログ、ソーシャルメディア、リード生成、電子メールマーケティング、リード開発(lead nurturing)、および分析


コンバージェンス(withコンテンツマーケティング):コンテンツは、受信マーケティングの大部分として、インバウンドマーケティングは、コンテンツマーケティングなしに進めることができません。一方、伝統的なアウトバウンドマーケティングは、単一のパーツとしてコンテンツマーケティングを含むが、必ず必要な要素ではありません。


上記の整理を介して分かるように、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングは、他の視点を持つが目標は強制的にすることなく、顧客を呼び込むという点で同じです。ただ、違う点は、コンテンツの重要性の違いです。インバウンドマーケティングのコンテンツはもちろん、重要ですが、実際に一つの戦術程度考慮されるレベルです。


コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの両方が、今日の消費者中心の世界では非常に重要なマーケティング戦略であり、重要な目標として信頼性の高いコンテンツを開発することを勧めています。また、オンラインでの潜在的な顧客に発見されて、強力な戦略によってサポートされることもあります。


もし良いコンテンツを提供していない場合は、インバウンドマーケティングは失敗することになるでしょう。さらにコールtoアクション(Call to Action)とランディングページに心血をひっくり返すあっても、専門性、魅力的なコンテンツがない場合は、ホームページに訪問したターゲット顧客を逃すことになります。


コンテンツマーケティングは、細分化された顧客のための多様なコンテンツの開発を必要とします。そして、最も適切な方法で、このコンテンツを拡散する必要があります。セールスが唯一の目的であっても、常にリードを獲得することができているのはありません。コンテンツマーケティングは関係の構築のためのマーケティングです。


事実、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングの定義について移したり、間違った方法ではありません。マーケティング担当者各自が置かれた状況から眺める概念が正解であることがあります。何をしていても、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングは、マーケティングの現在と未来がなければならない重要な原則です。


すでに多くのマーケティング担当者は、コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティング両方を適切に統合して進めています。コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングをそれぞれ深く掘り下げて見て、そしてこれらは、マーケティングにどのようもしくはどのような影響を与えると考えてみてください。もう伝統的な方法のマーケティングを再評価してみ変化をしなければならない時点です。

本記事はマーケティングを参照しました。

5月

10

Posted by admin on 5月 9

コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティングを一度でも関わってみたマーケティング担当者であれば、両方の意味が同じか、それとも他の違いがあるのか​​、疑問に思ったでしょう。


コンテンツマーケティングは、顧客との関連性、楽しいコンテンツを直接作成して、共有し、これらのコンテンツを公開することができるコンテンツのハブを開発、コンテンツに対する顧客の参加(いいね、コメント、共有などのソーシャルシグナルなど)と特定のアクション(イベントへの参加、あるいは会員登録やニュースレターの受信などの)などのマーケティング戦略を指します。


コンテンツマーケティングは、主に、顧客の購入サイクルの段階にわたって強力なブランドストーリーと魅力的なコンテンツを開発して提供することに焦点を置いていますが、一方で、インバウンドマーケティングは、コンテンツの利用自体より集客するための特定の戦略の意味をより深く内包しています。もちろんここでも、コンテンツは重要な役割を担っています。


コンテンツマーケティング


定義:ターゲット顧客への関連性と魅力的なコンテンツをすべて購入サイクルの段階にわたって継続的に提供することでブランドの認知度(Brand Awarnes)の向上と共に忠実な顧客を確保することにするブランドエヴァンゼリーズム(Brand Evangelism)を構築し、実現します。


チャンネル:一言で「Channel Agnostic」、コンテンツマーケティングは、顧客への参加を促すことができているすべてのチャンネルを活用することができます。メールと1:1ダイレクトマーケティングからオンライン(モバイルを含む)に至る私たちの周りのすべてのチャンネルがこれに該当します。
重要な戦略及び戦術:戦略的な計画、コンテンツ制作、チャンネルミックス、そして様々なペルソナを持っている顧客のすべての購入サイクルの段階に応じたそれぞれの指標。


コンバージェンス(withインバウンドマーケティング):コンテンツマーケティング戦略は、インバウンドマーケティングの原則と統合して初めて完成されます。しかし、ビジネスの全体的なマーケティング目標を達成するために、さらに包括的にアプローチする必要があります。

本記事はマーケティングを参照しました。

5月

9

Posted by admin on 4月 10

こんばんは、管理人です。サイト開設のあいさつに続いて、今回は私のプロフをご案内しようと思います。こういった人が作っているサイトなんだなと知っていただければうれしいです。
こちらのブログを始めようと考えたきっかけは、ネットに関心があったからでした。
趣味は買い物やネット等です。このところはゲームも始めたいと思っていたりします。
こまめに記事を書いて読み応えのあるサイトにしようと考えておりますので、これからにご期待ください。投稿をサボりがちな時があれば、ツッコミや応援のコメントを下さいね。

4月

10

Posted by admin on 4月 10

アクセスいただきありがとうございます。得するマーケテイング情報の運営者です。
当ブログで発信していくのは、管理人の普段の暮らしの他、最新キーワードや話題の商品に関する耳寄り情報などです。
ちゃんと書き込みできてるでしょうか。最初なのですこし心配です・・・。
面白そうな出来事があったらすぐ発信していくつもりですので、今後も期待してしていてください^^

4月

10

Categories


Business Orange Wordpress theme by
E-Themes